スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚塗装完了 

久々のヘイズルの更新です。

やっと足だけですが表面処理も済ませ、塗装も完了です。

20061031150613.jpg


吹きっぱなしでスミ入れ、艶消しクリアーもやっていないので組み立ては、また後で。
一部のタッチアップ以外は全てマスキング&エアブラシで処理をしました。

この後の艶消しクリアーをなんでするか・・・
簡単なのは缶スプレーでやってしまうのがいいんでしょうが、今回はエアブラシで行おうかと思っているのですが悩みます。

クレオスの
Mr.カラー スーパークリアーつや消し(つや消し)
ガイアノーツの
ガイアノーツEx-04 Ex-フラットクリアーの2種類なんですがクレオスの方はすぐ入手できるのですが、ガイアノーツの場合通販するしかないので多少面倒。
違いがないならクレオスにしたいところです。

ガイアノーツはまだ溶剤以外は使った事が無いので試してみたい気はします。

スポンサーサイト

足首塗装 

週末は塗装してました。
前にも書いたとおりテンション維持の為にパーツ完成ごとに塗装をしていきます。

今回は足首の塗装。
asikubi


まだスミ入れも無しの状態です。

2種類製作予定ですが、黒い色の(アーリータイプ)方は調色がまだなので次回に。

今回は足裏のマスキングが大変でした・・・
小さい部品のマスキング×4個×3回ときつかったです。
マスキングするの嫌いなんですよね~
色塗り終わって剥ぐのは大好きなんですがw

紺色の方は一度夜に調色して塗り終わったんですが、昼間見ると全然イメージと違ったので塗り直す羽目になりました^^;
調色は昼間しないとやっぱだめですね~
紺の部分と黄色の部分がツヤが違うので最終的にツヤ調整予定です。


脚です。
実は初日からほぼ毎回手を入れてますが未だに終わりませんw
asi

最初に延長は済ませて、表面処理ですがこれが大変・・・
末広がりなのでそのまま延長すると変なので修正の繰り返し。
何回パテ盛り⇔ペーパー掛けしたかわからないです。
それでも未だにC面が綺麗にならないので長引きそうです。

今後も修正しつつ他のパーツに手を入れていこうと思います。


ペーパー掛けには↓を使っています。
1個分では張り直しが面倒ですので2~3個分ほどあると便利ですよ^^
私はレジン複製しましたが、複数買いが良かった気がしますw
WAVE ヤスリほう台
WAVE ヤスリほう台 ホビースト 643円

現在足首を作業中 

久々の更新です。
作業はほぼ毎日やってるのですが集中に欠けてなかなか進みません。

とりあえず形になった足首です。


流れは
ポリパテを隙間に詰めて
asikubi


押し付けて接着。
asikubi



前面ディテールがペーパー掛けに邪魔なので削り取ってプラ板でディテール追加
asikubi


そして仮組。
一応全面にペーパー掛け&溶きパテ修正の繰り替えし
asikubi


上画像は400番を掛けた状態です。
最終的には600→800辺りまでおこないました。

組んでみて判るのは前面のパーティングラインはほとんど見えないってことですw

他は延長した足の表面処理をやっていましたが、なかなか切断面が綺麗にならないので手間取っています。

今回はテンション維持の為にマメに塗装をして完成部分を増やしていこうと考えています。

途中で見えている緑色の部分は下のフィニッシャーズのパテを使ってます。
一度使うと他のが使えなくなる位、使い勝手が良いです。
基本は筆塗りですので古くなった面相筆を専用の筆にして、薄塗りを繰り返した方が良いみたいです。
使い終わったらテッシュなので綺麗にふき取っておけば良いだけですし、無駄も少なくて済みます。
フィニッシャーズ ラッカーパテ 20gフィニッシャーズ ラッカーパテ 20g ホビースト 420円

細かい作業は足裏から 

今日から少しずつ細かい作業をやっていきます。

まず仮組で判ったことですがトライブースターを付けるとどうしても後ろの方が重くて倒れてしまいます。
少しでも重心を前に移したいので定番の足の裏にパテ盛。
20061003001004.jpg

カバーにリップクリームを塗ってからパテを足の裏に詰めてカバーを型押し。
クリームで剥げ易くなっていますから簡単に外せます。
ただ時間をあけてパテが固まってから外しましょう。
早く外すと失敗しちゃいます。

足が薄くて少ししか詰める事が出来ませんでしたが…

そして足の裏側。
20061003001344.jpg

左がキット、右が手を加えた物です。
ヒケを処理した後にバーニア中心に1.5mm径ツブシ玉、バーニアのエッジは薄く処理。

置くと見えませんが手を入れます。

今回はキットを2個購入してるので同時に2体製作して、今月の電撃HM、ヘイズル2号機バリエーションのアーリータイプT3部隊カラーで製作しようと思っています。

使用キット
HGUC 1/144 ガンダムTR-1 ヘイズル2号機ホビースト ¥1182

使用材料、工具
つぶし留め(かしめ玉)M アクセサリー・材料アトキアクセサリーパーツ 90円~

新キットで製作のやり直し 

先日も書きましたとおりトライブースターのキット化です。
以前製作したフルスクラッチ部分はさっぱりと諦めて作り直しです。
以前の作業は忘れてください、私も忘れますw

20061001220411.jpg

20061001220425.jpg

仮組した所、特に問題があるわけではありません。
嬉しいのはフロント、リアスカートの四角い箱が別パーツになっている事。
おかげで表面処理がやりやすくなっています^^

ただ上腕は相変わらず後ハメ加工がやりにくそうです。
出来ればパワードGMのようになっていると嬉しかったですね。

脚(特にふくらはぎ)が太いこと。
ただイラストと比べると似ています。
この辺は好みで別れると思います。

今回はイラストに似せて作るのではなく自分なりのイメージで作っていこうと思います。
もっとも比較的簡単に仕上げたいと思いますが。

そして簡単に自分のイメージで手を加えてみました。

20061001220512.jpg

20061001220528.jpg


首を1mm延長、太もも、脚でそれぞれ4mm延長してみたのが一番の好みでした。
所々グリーンのパテが見えますが表面処理はまだまだです。

脚は太いのですが幅つめをするとすごい作業になりそうなので脚を延長することで見た目のイメージを変えることにしました。

プロポーション変更はは基本的に終わり。
残りは表面処理や後ハメ加工、細かい所に手を入れていこうと思います。

今日はここまで、それではまた。

使用キット
HGUC 1/144 ガンダムTR-1 ヘイズル2号機ホビースト ¥1182

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。