スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲルググキャノン完成 

ゲルググキャノンが完成しました。
無改造の塗装のみ変更です。
(トサカのカメラだけはクリアパーツに変更)

塗装はジョニー・ライデン仕様。
そのうち出る確率がかなり高い気がしますwww
けど良いんです、好きですから^^
MS-14C 02

MS-14C 01

MS-14C 03

MS-14C 04

MS-14C 05

色は画像ソフトで調整してますがもう少し現物は暗めかな。

塗装後、ドライブラシ&コピックで汚しを入れました。
汚しは前に作ったドムと比べてかなり押さえてみました。
もう少し汚しても良かった気がします。

デカールはZEONOGRAPHYをネットで見ながら参考にしたけど手持ちの「10」が足りませんw
本当はもっと張りたかったけど手持ちに種類が無いのでこの辺であきらめました。
もう何種類か買い足しておかないといけないな~

あ、コピックでデカールを擦るとデカールが剥げました^^;
注意しましょう…

やっと完成しましたがまた来週でも次を作りたいと思います^^

ではまた。

スポンサーサイト

HGUCドム 

HGUCドムの簡単フィニッシュ+α仕上げです。

簡単フィニッシュとはキットの成型色を生かして作る方法だと理解しています。
(パチ組とどう違うのか良く判りませんが)

接着→合わせ目消し→部分塗装→スミ入れ→デカール張り&汚し の手順でしょうかね?

今回のドムも上記の手順で作っています。

ただ今回のドムはスミ入れと汚しの部分でコピック塗装とタミヤウェザリングマスターのみで作った作品です。
それ以外ではヒケ取りの為に全面にペーパー掛けしてるくらいです。


20070403133256.jpg


20070403153036.jpg



20070403133306.jpg



製作は多分4日くらいだったと思います。

1日目
仮組&接着

数日放置・・・

2日目
全面ペーパー掛け

3日目
洗浄後艶消しクリアー、ブラック、シルバー塗装

4日目
デカール張り、コピックにて墨入れ&汚し塗装、タミヤウェザリングマスターにてハイライト

週末モデリングで2週間ぐらいで仕上げた物です。

今までかなりの時間を使っていた改造や塗装の為の後ハメ加工、マスキングなどの時間を省略し、塗装も艶消しクリアーとブラック→シルバーを吹いただけで済ませてます。
それと形成色を生かすためにパテが使えないので当然、パテの乾燥待ちもしなくて済んでます。

その分、コピックやウェザリングマスターを使っての汚しにかなりの時間を掛けてみました。
休日に丸一日使ったような・・・

コピックは数年前からコピックモデラーとして模型店の通販でも購入する事が出来る商品でアルコール染料系マーカーです(多分)。

ビームバズーカはあまりに色が違うので塗装しました。(昨日無理やり仕上げた為単色で済ませてしまってます^^;)

ドムのキットは凄く良く出来てました。
HGUCのキットでは最高クラスだと思います。
分割方法など良く考えられ、色分けもほぼ完璧です。
プロポーションも私は好みの体形で満足でした^^


今回使ったコピックですが使ってみて奥が深そうですが面白い材料です。

このドムの前に1体練習用で組んでからの作業でしたが特徴を掴んだのかドムは意外と上手くいった気がします。

(その練習でHGUCのザク1体無駄にしましたが・・・)

もう少し慣れたらコピックについて少し書いてもいいかも。
使ってみて意外とコツがいりましたので^^

ウェザリングマスターはもう少し練習しないとダメみたい。
なんかペーパー掛けの残りの様に見えてしまってます^^;
出来るだけあっさりと仕上げたかったのですがもう少しキツメにしたほうが良かったかも知れません・・・


まあ、今回はこれで完成とします。

では、次は別のキットでも作ります!





ドムはDVD付きを買っちゃいましたが神キットだったのでこの三連星機 トリプル・ドムセットが欲しくなっちゃいました・・・1体あたり1000円切ってるし・・・

HGUC 1/144 MS-09 ドム黒い三連星機 トリプル・ドムセット



偶然ですがホビーストでコピックが特価セールで安売りしていました。
2079円→1040円と半額になってますよ^^
やべ~~外出先用で何個か買っておきたい・・・


コピックモデラー スターターキット

ゲルググ[シュトゥッツァー] 

さて、ゲルググ[シュトゥッツァー]が完成し、コンテストにも投稿出来ました。
コンテストの規約が特に無いようですので先に公開する事にします。
MS14-001.jpg

肩の追加バーニア裏に手を加える予定でしたが時間の都合で骨組みのまま…
目立ちますが目をつぶっててww

あいにくですがグラデーションペーパーなんて無いので服を買ったときに入れてもらった紙袋をばらして使いました^^;

幸いな事にそれほど違和感は無いと思いますが…やっぱダメかなw


MS14-002.jpg

後ろ斜めから
背後のボリュームが判りやすいカットだと思います。


MS14-004.jpg

この画像、かなりズルした画像ですw
投稿が3枚と規約があったので無理やり他の画像を合成しました。
(いや、規約に合成とか画像加工不可とは無かったし…)
規約ギリギリでしょうか?しなくてもいいチャレンジをしていますw
ここまでが投稿のカットです。
サイズが小さいのでちゃんとしたサイズはコンテストの方で確認してください。

これ以降はコンテスト未投稿画像です。
MS14-006.jpg

真正面から


MS14-007.jpg

真後ろから


MS14-008.jpg

仮組のキュべレイとのショット
ゲルググとキュベレイを繋ぐ機体になるんでしょうかね~やっぱ


MS14-005.jpg

前に作ったガブスレイとのショット
これをみると艶の差がわかりやすいですね~
ガブスレイは半艶でゲルググはつや消しです。


MS14-009.jpg

困ったことにダイソーケースに入りません^^;
保管は多分適当になると思うのでそのうち子供に壊されることでしょうw



感想
このゲルググ、ガンプラに復帰しブログを始めるきっかけになった機体
ですので完成させられ嬉しいです。

これ以前に作ったのは子供用につくったパチ組のSEEDのコレでそれ以前は数年前と復帰したすぐの割にはなかなかハードな事をしたと思いますw
作り始めの頃ですので全てプラ板と普通の接着剤で作ったので手間も掛かっていますが楽しめて製作出来ました。
今やるとエバグリとかアルテコ、瞬着とかなり違う方法になっていますね。
(そういえばバーニアすらプラ板から作ってますねw)

塗装は去年の電撃のサイコガンダムを目指しましたがやはり難しいですね~
ただ、面白い塗装方法なので今後も練習して物にしたいと思います。

雑誌の作例以外は見かけないマイナー機体ですがそれゆえに満足しています^^

ガンプラ改造初心者にも始めるには丁度良い機体ですのでどうでしょうか?


仕様キット
HGUC MS-14F ゲルググマリーネホビースト 926円



今日はここまで、それではまた。

ランキングに参加しております。
ご協力してもらうとありがたいです。
押してもらうと製作意欲が沸いてきます^^
              banner2.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。