スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガブスレイ製作記08 中間、MA形態と製作ポイント 

今日、図書館からフルメタルパニックの「踊るベリー・メリー・クリスマスを借りれました。やっとアニメの先を読むことが出来て嬉しいsavonsです。



90円って安いね、まとめて注文しちゃうかな。




電撃ですがまた値段が上がって2999円になってます。
買いだめしておいてよかった^^



今日は希望があったのでガブスレイのMA形態を載せます。

では、画像に行くまでに、まずはお決まりのクリックからお願いします。
banner_04.gif



















知っての通りですがHGUCガブスレイはMA形態と中間形態に変形することが出来ます。

では、まずは中間形態

20060111004952.jpg

このように脚だけクローを出すことが出来るのは良いね~^^
この状態でも武器は持てますし、迫力があります。

20060111005141.jpg

ライフル方向から見たらさらに迫力が増します。

次はMA形態
20060111005309.jpg

色を青に変えたおかげで虫には見えなくなってますかねw

20060111005422.jpg

下からは脚のフレームが目立ちます。
剥げ易いので処理が必要ですね~



さて、簡単ですがこれと先日のMSと3形態を作ることが出来て全てにベースが使用できるお買い得なガンプラです。
HGUC 1/144 機動戦士Zガンダム ガブスレイbyT.J GrosNet


最後に、今回私はMS形態で固定するつもりで製作しました。
また下から覗かない事を前提に製作してますのでその辺も手を抜いています。
どんなところを手を抜いたかを載せれば他の方の反面教師として役立つと思います

かなり恥ずかしいのでサムネイルで^^;

では、まずは上から順番に
まずは肩

肩にあるバーニア。
何度も書いてますので画像は無しですが
ここは真ん中の分には接着する面が出てしまいます。
ペーパーも掛けにくいしまた塗装してもかなりさびしいので、
別パーツなどで作った方が良くなると思います。

次に肩の裏面
20060111010416.jpg

筆塗りであっさり済ませてしまいました。
ここも接着線が出てしまいます。

この辺はMS形態では目立ちませんが他の形態では見えてしまったりするのでここを直せばさらに完成度が上がると思います。
MA形態だと特に見えてしまいます。
ここはペーパー掛けしにくい場所なのでディテール入りプラ板などを貼り付けるなり、
バーニアを追加すると良いと思いました。

また内側の黒い肩は後ハメ処理が出来ませんのでここも注意。
組み立て後にペーパー処理&塗装が良いかも知れません。
ほとんど見えませんけどね。

次は腰
20060111011425.jpg

ここは後ろの動力パイプが一体になってます。
MSでは奥になって目立たないので塗装で済ませましたが気になる人は掘り込むなり、
新規で作った方が良いでしょう。
また太もものですが、スカートとかなり干渉します。
すでに剥げまくってますね^^;
ここも調整するなり、保護代わりに、最後のつや消しスプレーを何回か吹くと良いでしょう。
20060111011941.jpg

スカートの後ろ側ですがMAの時開きますのでここも裏側がその時に見えますのでディテール追加すると良いと思います。

次に尻尾?です。
20060111012050.jpg

ここも、裏面がさびしいです。
気になる人は手を入れたほうが良いでしょう。

最後に脚
20060111012229.jpg

ここはMA時に軸を使いますが、今回MA形態をした時に1発で剥げましたw
ここはどちらかの形態か決めるか、塗装しない方がいいですね。
調整は難しそうです。

以上、気になったポイントを恥ずかしながらかなり大き目の画像が
表示出来る様にしています。
ガブスレイを作るときの参考にしてください。

最後にランキングをクリックしてもらうと嬉しいです。
banner_04.gif



ではまた。

スポンサーサイト

ガブスレイ製作記07 

今日、ついにガブスレイ・ティターンズカラー完成です。
さすがに塗装のみですので早く出来ました。

改造なしですが、自分的には満足^^
やっと完成品を載せることが出来ました。

では、画像に行くまでに、まずはお決まりのクリックからお願いします。
banner_04.gif


















昨日のから、スミ入れして、デカール張り、最後に半艶消しをスプレーして終わりました。

汚しは新品の機体をイメージして行いませんでした。

20060110002713.jpg


もう少しデカールを張った方が良かったかも。
ガンダムデカールのアナハイムとかは持ってましたが、
ガブスレイはシロッコ設計のルナツー製らしいので使えない…

艶も半艶ではなくつや消しが良かったかも。
かなり派手になってしまいました。
これじゃあ、戦場で狙い撃ちですw


後ろは
20060110002945.jpg

このようにお尻に張ったのみ。
機体番号のRX-110とかも欲しい~~


20060110003247.jpg

モノアイは結局、黒くつぶしたままにしました。

20060110003521.jpg

ガブスレイは正面が一番格好良いと思うんですがどうでしょうか?

20060110003721.jpg

完成後はダイソーの200円ケースに入れて収納、ただ斜めにしないと入らないし、高さも少し高いですね。幅があと5cmあったらな~
ダイソーでHGUC用とかのケース作ってくれないかな~

ガブスレイの製作楽しかったです~
オリジナル塗装でもう1機作りたくなりました^^





次はヘイズルです~

ヘイズルですが、旬はやっぱりフルドドでヘイズル・ラーだね。
ここで積みプラから↓を発見

20060110004629.jpg

説明書みたら1985年製ですw
中に接着剤が入ってましたがカチコチでした。
実に20年以上積まれてました

んでまずはいろんな形態が出来ますが
あんまり見ないフルドド2機分重ねてのMA飛行形態?を完成。
20060110005044.jpg

20060110005102.jpg

クローが伸縮可能だったら完璧な付録ですね~

試しに、ハンブラビと比較

20060110005343.jpg

フルドドがかなり大きいですね。
これはハンブラビが後で出来たので小型化に成功したって事ですかね。

フルドドっていろんな組み合わせが出来て遊べるけど、塗装すると剥げるのでどれかに決めた方がいいんでしょうね~

明日から何を作るか考えてますが、完成品をもう少し増やすならゲルググだし、旬ならヘイズル・ラーだし、作りかけで一番手を掛けてたのがトライ・ブースター仕様だし…

中途半端なのがいっぱいです^^;


まあ、今日はここまで

ではまた

ガブスレイ番外 銃の持つ手が外れやすいのを直そう 

さて、ガブスレイの銃を持つ手が外れやすいとの事ですので修正しましょう。

ガブスレイに限らず、ヘイズルでもそうですが、このパーツだと銃を持たせるとすぐ外れちゃうんですよね~

かといって接着するとMAに変形した時に困るし。

そんな時にネットで拾った方法ですると上手くいきます。

方法はガブスレイだとD23のパーツ、ヘイズルだとD18のパーツの親指部のみを切り取ります。

20060109125232.jpg

親指部は接着せずにそのままで、残った3指分のみは接着します。
すると、銃の取り外しが出来る上に3指分が接着されているので
銃を3方向から抑えているので外れにくくなります。

改造って事でもなくカッター等で切り取るだけですからお試しあれ。

役に立てましたらクリックをお願いします。
banner_04.gif


人のふんどしで相撲を取っちゃいましたねw
これは私のオリジナルってわけでは無いですが知らない人も多いと思います。

情報の並列化byタチコマ

少しでも役に立てたら幸いです。

ガブスレイ製作記06 

今日は作りながらトップをねらえを見てました、もう昔の作品だけどやっぱり良いね。

最近トップをねらえ2もあることだし嬉しいことです。


今日は画像が少ないので広告でスペース埋め^^;

そういえば、トップをねらえ2はまだ3話までしか見てないや。

では製作に行く前に、まずはお決まりのクリックからお願いします。
banner_04.gif

















さて、今日も青ガブスレイですが、残っていたバーニアや
昨日塗装を剥いだ部品を塗って基本塗装がなんとか終了しました。
20060109025734.jpg

こんな風になりました。
腰のセンサー部?のピンクは画像より実際はもう少し赤が強めです。

基本塗装はこれで終わりですので後はスミ入れとマーキングと汚し塗装で完成です。

明日で多分完成ですね。
ただ、モノアイをどうしようか悩んでます。
このままでもいい気がするし…う~ん、どうするかな。

今日はここまで
それでは、明日完成してることを祈って終わります。
ではまた^^

ガブスレイ製作記05 

ローゼンメイデンで商品調べてたらボークスから限定で出てたのですが、さすがに高すぎですw

ローゼンメイデン ミニドールシリーズ 真紅(予約)
まあ、こいつの値段なら買えるかな
しかし、こんなの部屋に置くのはヤバイ(ガンプラだけでもヤバイですがねw)

まあ、今だけでしょうから買いませんが(つか、奥さんの目が怖くて買えませんが)


では、製作に行く前に、まずはお決まりのクリックからお願いします。
banner_04.gif
















さて、ガブ君ですが、腰部アーマーのカメラ?の塗装からです。

ここですが、標準はピンクなんですが作例とかでは
WAVE H・アイズ 4 角 (ピンク) [OP282]

WAVE H・アイズ 4 角 (ピンク) [OP282]
を使ってるケースが多いですね。
多分この方法が一番良いと私も思います。

今回はキットのみで行うので使わずに塗装とします。
で、塗装したんですがこれが失敗、マスキングが上手くいきませんでした。

原因は塗り分け部をケガいて無かったことです。
結局、シンナー着けして塗装を剥がしました。

20060108050043.jpg

この後、丸部のふちをカルコでケガいて
20060108050146.jpg

このようにして再塗装することにしました。

他は銃などを塗装して終了。

今日はここまで。
ではまた~~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。