スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスキング、マスキング、マスキング・・・ 

今日もマスキングだけの一日でした^^;

ほとんど進んでないなので今回のマスキングの方法でも書いてみます。

2号機の様に黄色などの薄い色の場合、最初にラインの色を塗ってからその後に濃い本体色(紺)を塗れば終わりなので比較的楽です。

ただ、今回の場合は逆になってて、本体が白、ラインが赤なので最初に赤を塗ってしまうと本体の白色がなかなか思うように発色しない事が多いです。
(隠蔽の強いフィニッシャーズの白を使ってもある程度重ね塗りが必要)
1/100の場合ある程度大きいのでそれでも良かったのですが、1/44だと目立ちそうだったので今回は赤の方を後から塗る方法にしました。

ただ、この方法かなりメンドクサイデス・・・

手順は以下の様にしています。
20061213002.jpg


1.まずはカッターの刃を2枚用意し、好きな厚みのプラ板を挟めてテープ等で固定してから、マスキングテープに切り込みを入れます。
これだと、好きな幅のラインを切ることが出来ます^^
ただ、刃がむき出しのままでは危ないので持つところには刃の部分にテープなどを巻いて指を切らないようにしましょう。
刃はテープを一発で切る為に新品又は刃を折って新しくして使いましょう。
またプラ板は出来るだけ刃先まで来るようにしておくときる時に刃の曲りによるライン幅が変になるのを防ぎます。

2.切れ込みを入れたテープの上にさらにマスキングテープを貼り付けます。(赤いテープ)
このときライン部の中央部分はまだとらない様に。
テープをとる時は、楊枝やピンセットなどで取るようにします。
指だと切り込みの部分で大抵ズレてしまいます。

3.あとは張りたい位置に持っていってから、完全に位置決めしてから、上の押さえ部分と、中央のラインの部分のマスキングテープを剥がします。
画像の様に単純な場合は簡単ですが、複雑な面を張る時に、テープがズレてしまった場合は1からやり直したほうがいいです。
(ヘタに目測で張ると塗った後に変な場合が多いです)

その後、ライン以外の部分を全体的にマスキングして終わりです。

これがライン一本あたりの作業です・・・・・・orz

この方法がお勧めできないのは別の理由もありました。
全面マスキングの回数がやたら多くなるのですが(シールドで7回だったかな?)その為に塗装の剥がれの可能性が高くなります。

今回、下地作りの後に、水道(歯ブラシ洗浄)、洗剤水、シンナー入り水(超音波洗浄)で油分取りをやってますが何箇所か剥げてしまった場所があります・・・

マスキングの回数が多いので手で触る機会が多い為です。

結果、修正の為に再度色の塗り直しが出てきて、塗装が薄くなってない部品が出来てしまいます^^;

手間を掛けてる意味が無い・・・・・・・・
なので今回の様にラインが多い場合は素直に白を上から塗ったほうが効率的です>_<

ただ、メリットもあります。
今回の幅は約1.5mmですが赤と白の境が綺麗に出来ます。
白を後から塗る方法だとマスキングテープの厚さ分、境に色が乗らない事が起こってしまいます。

0コンマ数mmですが気になる人は基本の通り、薄い色から先に塗った今回の手順がいいと思います。

スポンサーサイト

アウスラ塗装中 

昨日書いたようにマスキングして塗装の繰り返しをしています。

この作業をしてすでに1週間近くやっている気がします^^;

基本的に1パーツで一日1本はマスキングして吹くようにしていますが、なにぶんマスキング自体が面倒ですね~

塗装の現状です。
(軽く組んでるだけなので隙間だらけです)

20061211-0001.jpg

こんな風に今はなっています。

各パーツのラインの本数が違うのは多くなりそうな部品から先行して塗装していたからです。
(シールドとか、ライフル部とか)

ラインの太さは約1.5mmくらいです。

赤のラインをまだ引き終わってない物やグレー部がまだだったりして画像の全パーツ、塗装が残っています^^;

まだ途中ですので画像は小さめでw

ラインは出来るだけ電撃の表紙に似せてやっていますが、表紙の物は1/100で、各部の大きさの比率が違うので若干違いが出てます。




このキットが1000円弱で買えるのはお徳ですね~
TR-5と一緒にもう2~3個追加購入でも^^

T.J GrosNet アドバンスド・ヘイズル 【楽天オープン記念セール】1008円

ヘイズルの在庫がいっぱいあるのでこれを買って複製しようかと計画中ですw

T.J GrosNet ハイディテールマニピュレーター110Colored 1/144 ティターンズ用C-2 HGCUアドバンスドヘイズル用 1418円

アウスラ、マスキング地獄中 

やっと塗装に入りました。

色はティターズカラーばっかりで飽きてきていたので電撃表紙カラーにすることにしました。
(白地に赤のストライプの奴です)

今はマスキング地獄&塗装の繰り返し中ですw

画像は撮影を忘れていたので次回で載せます。

白地に赤のストライプをする事にしたのでストライプ1本毎に全面マスキングの繰り返し・・・
かなりのペースでマスキングテープが消費しています・・・
このままのペースで行くとこのアウスラ(プリムローズ)だけで下手するとタミヤのマスキングテープ1本使いきりそうです。

赤を塗ってマスキング後、白を塗ったほうがマスキングの手間は省けるのですが白色がちゃんと出るかが不安だったのと出たとしてもかなり厚くなりそうだったので手間が掛かるのですが、このやり方にしました。

ただ、すごく手間が掛かるのも事実で、例えば1パーツで5~6回はマスキングと塗装の繰り返しをしているのもあります^^;

ただ、表紙にはTRシリーズの名前のデカールが張ってありますが、オリジナルのデカールを作れるプリンタを持っていないのでそこは設定と違うことになると思います。

アルプスのプリンター欲しいです~~~

ではまた。




プリムローズ、サフ吹き 

2~3日休んでいましたがプリムローズの再開です。
表面処理が終わりました。
ついでにヘイズルも新規で表面処理も済ませました。


20061206-0006.jpg

とりあえず電撃の表紙の組み合わせにしてみました。

色塗り前提でもヘイズル改、アドヘイ、プリムローズ×2になります・・・
(武器もだとHGUCのマーク2も追加になります)
シールドブースターと新型の肩がそれぞれ一個ずつしか入ってないのでかなり高額になってしまいます^^;

バンダイから出たスタンドをつかってみました。
HGUCには大きめですが一応しっかりと取り付けられました。
ただ固定用の先端が何種類かあるのですが、使わないパーツが邪魔ですね。
後で使うかも知れないから捨てられないし・・・
それ以外は問題は無いと思います。


プリム部分は軽くサフを吹きました。
キットが白や原色だと表面確認がしずらいです~
塗装前提の私の場合、飛行機キットみたいにグレーだとうれしいんですが
20061206-0007.jpg



今回は早く塗装に行きたいと思います。
旬物だしねw

色はたまには白にしてみようかとも思いますがまだ決めてないです。
構成もまだ未定、色々パターンがあるのですがどれかに決めたいと思います。色剥げ嫌だしね^^

プリムローズに少し手を入れる事にしました 

また、電撃HM付録のプリムローズの製作です。

細かいディテールを追加していきます。

20061201001.jpg


上の画像の様に手を入れました。

内容は
首を0.5mm延長
これは最初1mm延長してみたのですが上半身の違いで違和感があったので様子を見てこの長さにしました。

胸横のダクトのうすうす攻撃&シャッター風底面
ダクトの縁が厚めですので定番のうすうす攻撃。
今回は新アイテムのトライツールのサーフェスナイフです。
今までは大抵デザインナイフで済ませていましたが、先日入手しました。
デザインナイフと違って刃が厚いおかげなのかブレる事が減り、細かいところにも使うことが出来て重宝しています。
セラカンナを持っていないので比べてみたいですね~
首の前のエリの部分も使いましたがやり易かったです^^

底面は特に設定が無いのでAOZ基準のシャッター風に作ってみました(イメージ把握のテスト品で、後からやり直すと思います)

バインダーの穴を開口
穴を0.8mmドリルで開口してスミ入れしやすくしておきます。

コックピット付近にディテール追加
上にある円柱に溝を追加して、側面の板に0.14mmプラ板でディテール追加、下にあるはずのディテールをプラ板から削って取り付けました。

プラシートは新製品の奴を使いましたがさすがに薄いです。
サイズも豊富のようで短冊状になっているのもありました。
これは物を作ると言うよりも表面にディテール追加するのに便利なアイテムです。
ただ薄すぎるので接着剤に溶けてしまいそうですw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。